見た目も大切

銀のドアノブ

玄関につく場合は、外から見た時の見た目も気になりますね。
玄関は家の顔とも言えますので、ある程度は形の素敵なノブの方が理想的です。
ささいなことですが、お客様を迎えた時など、なるべくインテリア風だといいですね。
生活をしていると、両手がふさがっていても開け閉めしやすいノブが、非常に使い勝手がよいと思われます。
時々出入りするのならともかく、毎日の出入りですから、開け閉めはスムーズに行えるノブを選んで取りつけてもらいましょう。

交換が必要なのは

door9

ドアノブが修理が必要になるのは、どんなときでしょうか。
それは、ドアの開け閉めが困難になったときです。
回すのに調子が悪くなったときも必要でしょう。
そのようになってしまったら、修理が必要です。
ドアノブの故障は、とくに会社などでは、業務に支障も出てきます。
また修理だけでは、きかない場合もあります。
そのようなときは交換もしなくてはなりません。
いずれにしもそのままにしておくことはできない問題なので、早急の対応が必要です。

緊急

オシャレなドアノブ

緊急を要する場合
そうした場合はいいのですが、問題は緊急を要する場合です。
特に玄関などのドアノブが壊れてしまって、家に入れなくなってしまった場合などは、自分だけではどうすることも出来ません。
出掛ける前に、どこか一カ所くらい施錠するのを忘れていたりすると、そこから入ることが出来ますが、すべてにきちんと施錠されていた場合には、まったく家に入ることが出来なくなってしまいます。
普段からきちんと施錠する習慣の付いている人ほど、こういうときには困ってしまいます。

修理に何が必要か

シンプルなドア

室内のそれらの修理は、屋外のドアに比べると、交換はしやすいものです。
それで、自分で勝手に修理をしてしまう人も多いようです。
そうすると意外と互換性のないものを選んでしまって失敗をしてしまうというケースもあります。
そうならないためには、ドアノブの種類を知っておくことが必要です。
またそれを知るためには、構造や、厚み、ドアノブの中心からハンドルの端までの距離も知る必要があります。
これらを自分で調べることが不可能ならば、業者を呼んだ方が良いです。

専門業者もある

輪のドアノブ

自分で取り換えるのは、間違いを犯してしまう可能性もあります。
業者にお願いすれば、失敗は避けられます。
そのような業者の中には、24時間年中無休で修理や交換の依頼を受け付けているところもあります。
あるところはフリーダイヤルにもなっています。
電話でまずは状況を確認した後、すぐに駆けつけて、原因を探り、修理または交換が必要かどうかを判断してくれます。
全国にネットワークがある業者でもあるので、日本どこでもほぼ対応をしてくれます。